薬剤師の研究職への転職ガイド

薬剤師の研究職求人サイトをランキングでご紹介

研究職への転職を希望する薬剤師の方は多いのではないでしょうか?製薬会社や化粧品メーカー、食品メーカーなどには、薬剤師の資格を活かして研究開発職に就いている人たちが多数います。 しかし、研究職中途採用の人数はとても少ないので、応募しても書類選考で門前払い…と諦めてはいませんか?

研究職のような希少な求人を狙うなら、薬剤師専門の転職エージェントに登録するところから始めましょう。採用人数が少なく、人気がある案件は殆どが非公開です。転職エージェントに登録することで非公開求人を閲覧できます。 研究職の案件も豊富な薬剤師専門の転職エージェントを紹介しておりますので、ご参考になさってください。

薬剤師の研究職求人サイト、人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
【 リクナビ薬剤師のココがすごい! 】
■リクナビ薬剤師は、キャリアップを目指す人や転職を希望している人をサポートしてくれます。
研究職の薬剤師求人を探している人にとっても、豊富な求人情報が強みを発揮するでしょう。
■35000件を超える求人情報のなかから、自分の希望に合った就業先を探していくことができます。
研究職への転職をしたいという人でも、しっかりとしたサポート体制があるので安心です。
■転職希望者にとっても、雇用先にとっても満足できるマッチングを実現してきた実績があります。
■就業先の情報についても詳しく把握しており、事前に細かい情報を教えてもらうことがでます。
■在職中の転職活動でも、スムーズに転職できるようにコンサルタントがサポートしてくれます。
研究職が初めてでも、応募書類の書き方や面接のアドバイスをしてくれるので安心です。


マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
【 マイナビ薬剤師のココがすごい! 】
■マイナビ薬剤師は、簡単で納得できる安心サポートが受けられる転職エージェントサイトです。
■これまでにも多くの人が利用しており、転職成功実績が豊富であることもメリットの1つです。
■きめ細やかなサポートとフォローで、利用者からの満足度は大変高く、高評価を得ています。
研究職への転職希望者でも、経験豊富なコンサルタントに相談できるので安心です。
■就業先についての詳しい情報収集をしてくれるので、納得がいく転職活動ができるでしょう。
■求人の数だけでなく、質にも力を入れているので、条件に見合う就業先の選択肢も広がります。
非公開求人が多く、研究職の薬剤師求人案件もあるので、希望条件を伝えておきましょう。
■登録は1分ほどですみますし、納得ができる就業先が見つかるまでサポートしてくれるでしょう。


エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細
【 エムスリーキャリアのココがすごい! 】
■エムスリーキャリアは、転職希望の薬剤師の登録数が業界1位の転職エージェントサイトです。
■多くの薬剤師が利用している理由は、理想の就業先を見つけられるサポート体制にあります。
■研究職を希望している人にとっても、理想の働き方を実現するチャンスが広がるでしょう。
■希望する条件での転職ができるように、さまざまなニーズに応えられる体制が整っています。
■求人情報の紹介もスピーディですし、相談などへのレスポンスも丁寧で早いのが特徴です。
■研究職の薬剤師求人のなかで細かい条件を提示しても、それに見合うものを探し出してくれます。
■はじめて研究職へ転職をするという人でも、安心してサポートが受けられるようになっています。
■高収入にこだわったり、スキルやキャリアにこだわる人などにも丁寧に対応してくれます。


ファルマスタッフ 無料 全国 ★★★ 詳細
【 ファルマスタッフのココがすごい! 】
■ファルマスタッフは日本調剤のグループ企業が運営する転職エージェントです。
■顧客満足度の高さの理由は、豊富な求人情報と高品質なサポートだと言えるでしょう。
■利用者数も多く、研究職への転職を希望している人のサポート実績も豊富なのです。
■研究職への転職成功の実績があるということは、経験とノウハウの蓄積があるということです。
■これから研究職へ転職したいと考えている人にとって、ファルマスタッフは強い味方になります。
■その人のキャリアプランを考えたサポートをしてくれるので、安心して相談ができるはずです。
■研究職への転職を希望している人にとっても、充実したサポート体制は大きなメリットです。
■経験と実績が豊富なコーディネーターが、現場の声や雰囲気、労働環境まで教えてくれます。


ヤクステ 無料 全国 ★★★★ 詳細
【 ヤクステのココがすごい! 】
■ヤクステは、転職希望の薬剤師を人を丁寧にサポートしてくれる転職エージェントです。
■希望に合った就業先への転職を実現させるマッチング力が高く評価されています。
■研究職への転職を希望している人も、希望に合った転職先を見つけるチャンスが広がります。
薬剤師業界出身のマーケティング担当者がいるので、その情報網をフル活用できます。
難しい条件での転職や、研究職への転職などもサポートしてもらうことができるでしょう。
■転職希望者の経験や能力、希望条件、キャリアプランなどに合わせた就業先を紹介してくれます。
■他社にはないネットワークで、ヤクステでしか紹介してもらえない求人も多くあります。
■転職後のフォローもしっかりしており、コンサルタントに相談ができるようになっています。



人気業務の研究職をお探しの薬剤師の方へ

薬剤師として転職を希望している人のなかには、研究職の求人を探しているという人もいるでしょう。研究職というのは、転職先としても人気が高く、知識やスキルを活かして新薬の開発などにたずさわることができる職種です。薬の開発や研究を行っていくため、化学的な知識や実技の技術が求められ、4年制の薬学部のあとに大学院へ進学してから修士課程を修了した有資格者の就職先となるケースも多くあります。そのために狭き門になっているとも言えるのです。

薬剤師としての研究職というのは、薬局やドラッグストア勤務と比べると花形職種だと言えます。有資格者のなかでもそのように考えられているので人気も高いというわけです。ですから、転職をするときには、もともと研究職として働いていた人が移籍をするケースが多く、ドラッグストアや薬局勤務から移るというケースは多くはありません。ようするに能力の高い即戦力が求められる傾向が強い職場なのだと考えていいでしょう。

この薬剤師の研究職というのは、製薬会社などからの求人が出ているのが一般的です。製薬会社では、新薬の開発や研究を行なっているので、そのために優秀な薬剤師を求めているのです。それまでにも働いていたという人が、待遇や労働条件などに不満があって転職を希望するケースもあります。また、一般企業に勤めることになるため、人間関係などについても注意をしていく必要があるのです。その点はほかの職場と同じだと言っていいでしょう。

そのほかにも、薬剤師の研究職の求人が出ているのは、食品メーカーや化学メーカー、化粧品メーカーなどがあげられます。これらの就業先でも、やはり化学的な知識やスキルが評価されるのだと考えられます。自分の持っている能力を最大限に活かして仕事をしたいと考えている人などにも向いていると言えるかもしれません。ただし、前述のように高い能力のある即戦力が求められることが多いので、簡単には採用してもらえないこともあるのです。

そこで、研究職を目指している薬剤師の人は、転職エージェントを活用するのがいいでしょう。転職エージェントは、多くの求人のなかからその人に合った就業先を紹介してくれます。それだけでなく、経験豊富なコンサルタントが相談にのってくれ、転職に関するアドバイスもしてくれます。難しい条件で転職希望している人にも、それが実現できるようにサポートしてくれるのです。利用は無料ですし、履歴書の書き方や面接対策などもしてくれます。



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の研究職への転職ガイド All Rights Reserved.