薬剤師の研究職への転職ガイド

薬剤師研究職転職ガイド TOP >> 薬剤師研究職の基礎知識 >> 研究職に必要なスキルはある?

研究職に必要なスキルはある?

「研究職」とひとことでいっても、薬剤師を必要としている就職先は、製薬会社に限らず、化学メーカーや化粧品会社メーカー、食品メーカー、農薬製造会社、大学の研究室など、さまざまな選択肢があります。製薬会社の場合の研究職には、新薬の研究開発という、会社としても要となる大切な任務があります。研究には長い時間と、やり抜けるだけの忍耐力が必要です。

研究職を希望する薬剤師の全てが、研究職になれるわけではありません。研究職の人気は高い割に、なかなか求人が出にくいものです。求人の多くが、非公開のうちにおこなわれる場合が多いからです。研究職は、より深い知識が必要となりますので、専門の学部を卒業するだけではなく、修士課程もしくは博士課程を修了し学位を取得していることが求められることが多くなっています。

研究職への転職を希望する場合、もちろん、それまでの職歴や薬剤師としての実績、研究職としての経験の有無は考慮されます。しかし、経歴だけではなく、「何を成しと遂げてきたか」「何を目指しているか」も大切になってきます。研究職には、新しいことの開発に関心を持ち、それを作り上げようとする粘り強さと、探究心が必要不可欠です。

製薬会社の研究職の場合、薬の知識の他に科学的な知識も必要になります。病気治癒のメカニズムを研究、臨床実験、新薬の研究開発など、薬剤師としても興味をそそられる事柄ばかりですが、そのどれも、薬剤師のスキルアップにはうってつけのものばかりですじっくりと興味のある研究課題に取り組むことができる研究職は、薬学を学んだ者にとっても、この上ない喜びでしょう。

世の中が日々変化するように、医薬品の世界も日々進化しています。薬剤師としての専門的知識や能力のスキルアップは、研究職や一般の薬剤師にかかわらず、必要不可欠なことです。しかし、専門的な知識や能力のスキルアップだけでは、仲間たちとの研究を進めることは困難です。コミュニケーション能力も大切な社会人としてのスキルの1つです。製薬会社における新薬の研究開発の場合、治験が不可欠ですので、社内だけではなく、共同開発の医師や、臨床現場に携わる多くの方とも接することになります。

研究職として仕事をする際には、何かに秀でたものを持っていると、とても強みとなり、自信にもつながります。ある研究を企画提案し、実行に移しやりぬく力は、なかなか誰にでもあるものではありません。また、せっかく研究が進んでも、プレゼンテーションが上手くいかないと幻滅してしまうこともあります。このようなスキルは、すぐ簡単に身につくものではありません。毎日の生活中で、先輩研究職員や周囲の人から感じとり、身に付けていくものです。もちろん、研究職だけに必要なものではありませんが、是非とも身に付けたいスキルです。

薬剤師の研究職求人サイト、人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>『薬剤師の研究職求人サイトランキング』詳細はこちら


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の研究職への転職ガイド All Rights Reserved.