薬剤師の研究職への転職ガイド

薬剤師研究職転職ガイド TOP >> 薬剤師研究職の基礎知識 >> 研究職につく薬剤師の平均年収

研究職につく薬剤師の平均年収

薬剤師の中には、「研究職」といわれる方がいます。求人情報の中にも一般の「薬剤師募集」と、「研究職の薬剤師」とを分けて求人しているものもあります。条件などを比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。

たくさんいる薬剤師の中でも、より専門性の高い職に就きたいと考え、研究職につく薬剤師もいます。製薬会社の研究職に就くためには、ほとんどの場合、薬学部を卒業するだけではなく、修士課程や博士課程を修了する必要があります。薬剤師の場合、サラリーマンの昇給と同じように、経験や年代によって年収は異なりますが、男女間の年収の差はほとんどありません。むしろ、「薬剤師」という資格に対しての報酬といえるかもしれません。

薬剤師というと年収の高い職業の1つだと思われています。その中でも研究職ともなると、さらに高収入を得られるのではないかという印象を受けることでしょう。製薬会社での新薬の開発には、数千万円〜億単位のお金がかかるものです。多額の投資が必要な分、ある意味、社運をかけて研究開発しているといっても過言ではありません。莫大な費用をかけておこなう、一大プロジェクトなのです。それを担っている研究職ですから、高額な年収を受け取っていると思われがちですが、実際は厳しい現実も待ち構えているようです。

一般的に知識が深く、医薬品に精通しているため年収が比較的高いといわれる医療情報担当者(MR)職の平均年収は、500万円から1,000万円程度だといわれています。もちろん、研究職についた薬剤師も、会社によっては1,000万円近い年収を得られることもありますが、稀だといえるでしょう。しかし、研究職も専門的な知識や、研究内容に精通する必要がある分、一般的な薬剤師よりも若干ではありますが、平均的な年収も高めの設定になっている所が多いのも事実です。

勤務する会社によっても条件は異なりますが、年収の中には、職務手当や資格手当なども含まれます。月々支給される手当の金額によっては、年収もかなり違ってきます。当然のことながら、同じ仕事をするのであれば、年収が高いほど当然やる気も出てくることでしょう。会社の内情も、転職専門のコンサルタントに相談してみると、詳しい情報が得られる場合もあります。

転職を考える時に、年収だけを比べてしまうと、どうしても高収入を得られる会社に目がいきがちです。しかし、年収が高額な分、予想以上の業務を任されてしまう場合もありますし、希望しない責務を負うこともあります。また、採用当初の年収のまま、なかなか昇給しにくい会社もあるようです。もちろん、研究職を希望している全ての薬剤師が、研究職になれるわけではありません。研究職が任される仕事には、年収の高い低いだけでは計り知れない、薬剤師としてのやりがいもあります。薬剤師として、何を目指していきたいのかを念頭に置いた就職活動も必要でしょう。

薬剤師の研究職求人サイト、人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>『薬剤師の研究職求人サイトランキング』詳細はこちら


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の研究職への転職ガイド All Rights Reserved.