薬剤師の研究職への転職ガイド

薬剤師研究職転職ガイド TOP >> 薬剤師研究職の基礎知識 >> キャリアを積める研究職への転職

キャリアを積める研究職への転職

薬剤師として就職した後に、さらにキャリアを積むために、研究職を希望する方も多いものです。ひとことで研究職といっても、病院や製薬会社、メーカー、外資系企業など、その職場も業務内容はさまざまです。病気を治すメカニズムの解明や、新薬の開発研究、臨床実験をおこないデータを収集する研究など、会社によっても違いますが、研究職が任される業務内容や研究課題は、どれも責任あるものです。そのどれもが、物事を深く掘り下げて研究する分、研究者としてのキャリアが積め、とても充実した内容ものです。

製薬会社の研究職の場合、病気治癒に対する基礎研究や臨床実験、新薬の開発など、会社や研究者によって任される業務はそれぞれです。しかし、そのどれもが会社としては、経営の根本を揺るがすほどの一大事業です。新薬の開発には数千万円〜数億円がかかるといわれていますし、数年〜数十年の月日が必要になる場合もあります。それだけに、個人個人では体験することの難しいたくさんの専門的経験と、深い知識を得ることができます。薬剤師として誰もができるわけではないたくさんの経験が、研究職にはあるのです。

研究職になる薬剤師の方は、薬学部を卒業しただけではなく、修士課程や博士課程を修了し、学位を取得している方がほとんどです。専門性も高く人気があるため、就職のほとんどが狭き門になっています。薬剤師の花型ともいえる研究職の仕事ですが、希望した誰もが転職できるわけではありません。薬剤師の仕事の中でも、研究職の仕事はとくに人気も高く、なかなか求人自体を探すことが難しいようです。転職を希望する場合には、転職エージェントに登録、相談してみることが1番の近道だといえるでしょう。

病院の薬剤師をしながらでも、研究職としてキャリアを積めることもありますが、他の業務に追われながらの研究になってしまいます。研究職を希望しているのであれば、薬剤師に詳しい転職エージェントへの登録がおすすめです。なぜならば、ほとんどの研究職の求人は、非公開での募集をしているものだからです。自ら求人の情報を得ようと思っても、なかなか手に入れることができません。その点、エージェントでしたら、幅広い求人情報の中から、希望により近いものを探し出し紹介してくれます。

エージェントに登録しておくことで、非公開の求人情報を得られるだけではなく、専任コンサルタントの的確なアドバイスを受けることができます。転職に優位な履歴書の書き方や面接の方法など、数多く手がけている専門家からのアドバイスは、とても心強いものです。転職は人生の転機です。より良い条件の求人情報を見つけ、あこがれの研究職を目指しましょう。

薬剤師の研究職求人サイト、人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>『薬剤師の研究職求人サイトランキング』詳細はこちら


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の研究職への転職ガイド All Rights Reserved.