薬剤師の研究職への転職ガイド

薬剤師研究職転職ガイド TOP >> 職場別の求人事情 >> 行政機関の研究職求人探しなら!

行政機関の研究職求人探しなら!

薬剤師の就業場所は民間の調剤薬局やドラッグストアが中心になりますが、行政関係の仕事をやりたいと思う人も一方で居ます。行政の中でも研究職を希望する人も居るようですが、行政にはどのような研究職があるのでしょうか?ここでは行政の研究職に応募したい薬剤師に向けて、求人探しのポイントなどをまとめたいと思います。

■行政の研究職は減少している
最初に基礎的な情報に触れますが、行政における研究職は近年、減少し続けています。昔は国家試験のT種を合格した薬剤師が就いていた研究職も、次々と独立行政法人化しているので、公務員の研究職は少なくなっているのです。地方自治体にも薬剤師の募集がありますが、研究職ではなく市民病院や保健所などでの業務になるので研究職とは違います。

自衛隊の薬剤科幹部候補生や、厚生労働省の麻薬取締官、科学捜査研究所勤務の薬剤師などはある意味で行政機関の研究職ですが、非常に狭き門であり、未経験者が中途採用で入れるような場所ではありません。

■研究職をやりたいのか、行政に入りたいのかを考える
上述のような現状を踏まえた上で、なお行政の研究職を行いたいと思えば、まず研究職をやりたいのか、公務員として働きたいのか、どちらを優先するのかをあらためて自分自身に問いかける形で考えてみる必要があります。研究をやりたい場合は大学に戻って研究職を目指すか、製薬会社の研究職を目指すという手もあります。一方で公務員として働きたいというのならば、思い切って研究職をあきらめ、地方公務員試験を受けて自治体の職員になり市民病院や保健所で働く生き方が、現実的だと思います。

ただ、民間企業の研究職も、大学の研究室も狭き門で厳しいですし、地方公務員になるにしても年齢制限がある上に倍率も驚くほど高いです。いずれの道を選ぶにせよ、研究職や行政の仕事は努力と根気、実績、運が必要になるとあらかじめ考えておくといいです。

以上、行政機関の研究職求人についてまとめてみました。基本的に行政では研究の仕事がほとんどないので、民間の研究職を狙うか、研究職を捨て公務員という立場を優先して働くか、どちらかが現実的だと語りました。ただ、いずれの場合も楽な転職にはなりません。覚悟を持って挑戦してみてください。

薬剤師の研究職求人サイト、人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>『薬剤師の研究職求人サイトランキング』詳細はこちら


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の研究職への転職ガイド All Rights Reserved.