薬剤師の研究職への転職ガイド

薬剤師研究職転職ガイド TOP >> 職場別の求人事情 >> 外資系企業の研究職求人探しなら!

外資系企業の研究職求人探しなら!

転職活動をしている薬剤師のなかには、外資系企業の研究職を希望している人もいるでしょう。外資系企業は人気が高く、製薬会社を中心に給与などの待遇が良いことでも知られています。近年は日本に進出してくる外資系も増えてきており、そのため薬剤師の需要も高まっているというわけです。ただし、そうは言っても求人数自体は多いわけではなく、やはり簡単に就業できるということはありません。人気が高いということは競争率も高いからです。

日本で薬剤師を求めている外資系企業というのは、製薬会社のほか、化学メーカーや食品メーカー、化粧品メーカーなども考えられるでしょう。それぞれ扱っている製品には違いがあるので、自分がどういった分野の研究をしたいのかを明確にしておく必要があります。採用の際に評価されるのは、やはり能力や実績となります。どのメーカーも即戦力となるような人材を求めており、知識やスキル、経験、実績などをアピールしていくことになるでしょう。

また、外資系企業だと英語力が求められるのではという心配をしている人もいるかもしれません。これは職場によって違うのだと言えるでしょう。研究職の薬剤師には英語力が求められることがない職場もあれば、TOEICの点数を採用の目安にしているというメーカーもあるでしょう。英語が話せないと外資系企業の研究職には就けないというわけではありませんが、英語力があったほうがより評価されやすいのだと考えておいていいでしょう。

早い段階で外資系を志望するならば、英語力を磨いておくのがいいでしょう。英語力が必要かどうかの情報などについては、転職エージェントを活用して調べていくのがいいでしょう。転職エージェントには多くの求人情報が集まっていますし、詳細な情報についても担当のコンサルタントに教えてもらうことができます。自分の希望する条件に合った求人を紹介してもらうこともできますし、相談をしたりアドバイスをもらうこともできるのです。

外資系企業の研究職のように人気の高い案件については非公開求人として扱っているケースが多くあります。非公開求人になっていると、その転職エージェントに登録をしていないと紹介してもらうことはできません。登録は無料ですし、そのほかのサービスも無料で利用できます。実際に応募するときには、担当のコンサルタントが間に入って日程の調整や交渉なども代行してくれるので、安心して転職活動が行えるようになっているのです。

薬剤師の研究職求人サイト、人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>『薬剤師の研究職求人サイトランキング』詳細はこちら


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の研究職への転職ガイド All Rights Reserved.