薬剤師の研究職への転職ガイド

薬剤師研究職転職ガイド TOP >> 職場別の求人事情 >> 製薬会社の研究職求人探しなら!

製薬会社の研究職求人探しなら!

薬剤師として研究職で働きたいと考えている人もいるでしょう。薬剤師の職場というと、薬局やドラッグストア、病院などがあげられますが、もっと専門性の高い仕事をしたいという人の職種としては研究職があげられます。ただし、誰でもなれるというものでもありません。高い能力やスキル、化学的な知識が求められる職種なのだと考えていいでしょう。とくに即戦力が求められることが多いので、経験者のほうが評価されるとも言えるでしょう。

研究職の求人を出している就業先としては、製薬会社が一般的だと言っていいでしょう。新薬の開発や研究をしているので、そのために化学的な知識やスキルを持っている薬剤師が求められているというわけです。製薬会社からの求人というのは人気も高く、競争倍率もあがるのだと考えられます。そのため、採用されるのは簡単なことではないのです。独力では難しいので、転職エージェントに紹介してもらうほうが採用される可能性が広がります。

求人を見つけること自体も、転職エージェントの情報網を活用したほうが効率的です。なかでも薬剤師の求人を専門に扱っているサイトがあるので、そういったところに登録をしておくのがいいでしょう。登録は無料でできますし、そのほかにもいろいろなサービスを利用することができます。非公開求人を紹介してもらうことができるので、人気のある就業先などを希望している人にはオススメです。非公開のものは好条件のものが多いと言われています。製薬会社をはじめ、薬剤師が研究職として転職する方法を解説しているサイトもありますので、あわせて参考にしてみてください。

また、製薬会社の研究職というのは、病気が治るメカニズムを解明したり、新薬の研究、臨床試験、技術開発などを行なったりしていくことになります。さまざまな研究対象があると言えるでしょう。長いスパンで結果を出していくことになるので、じっくりと腰をすえて仕事ができる環境でもあると言えるでしょう。ただし、新薬の開発競争などに巻き込まれれば、それだけスピードも求められるというわけです。成果が出なければ評価してもらうこともできないのです。

多くの転職エージェントが存在しますが、そのなかでも製薬会社の研究職について強いというサイトを活用するのがいいでしょう。そのほうが業界にパイプがありますし、転職を成功させた実績も豊富だからです。たいていの製薬会社は、非公開求人にして募集をしていると考えられます。そのため、条件は良いですが、求められる人材の能力についてもハードルが高いことが予想されます。まずは無料の会員登録をしてから、コンサルタントと相談をしながら決めていくのがいいでしょう。

薬剤師の研究職求人サイト、人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>『薬剤師の研究職求人サイトランキング』詳細はこちら


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の研究職への転職ガイド All Rights Reserved.