薬剤師の研究職への転職ガイド

薬剤師研究職転職ガイド TOP >> 職場別の求人事情 >> 病院の研究職求人探しなら!

病院の研究職求人探しなら!

薬剤師のなかには研究職の求人を探しているという人もいるでしょう。研究職というのは花形職種なので人気もありますし、高い能力が求められる職場だと言っていいでしょう。そのため、簡単には就職できないとはいえ高い人気があることでも知られています。たとえば、4年制の薬学部の卒業者は、そのまま病院や薬局、ドラッグストアなどに就職することも多くありますが、研究職を目指している人は大学院で修士課程を修了してから就職するケースがあります。

狭き門となっている職場ですが、転職エージェントを利用して研究職の求人を探すことができれば、自分ひとりで就職先を探すよりも効率が良いですし、採用される可能性も高まるのです。それは、採用する側が希望する人材とのマッチングをしてくれるからです。もちろん、転職をしたいと考えている利用者の希望する条件に見合う求人を紹介してくれますが、そのなかでも相手方とのマッチングが重要になるのだということです。

そして、薬剤師のなかには病院の研究職を探しているという人もいるでしょう。このときには、研究所を持っているような大きな病院を希望するのか、それとも調剤などの業務を担当しながら研究ができる環境を求めているのかによっても条件が変わってきます。一般的には製薬会社などのイメージが強い研究職ですが、大きな病院には独自の研究所が備わっていることもあります。しかし、その数は多くないので求人数自体も少ないのだと考えていいでしょう。

いっぽうで、通常の病院薬剤師の仕事をしながら研究が続けられるケースもあります。その場合は、病院で病理研究などを行なっているケースもありますし、製薬会社と提携して研究を進めているケースもあるでしょう。あるいは、午後5時以降の勤務時間外に自分で研究をすることができる環境があるというケースも考えられます。いずれにしても、通常は調剤や服薬指導、管理などの病院の仕事をしていくことになるのだと考えられるのです。

病院での研究職というのは、求人がすぐに見つかるわけではありません。ですから、全国各地の情報が集まってきている転職エージェントを活用して探すのがいいでしょう。ひとりでハローワークや転職サイトの求人を1つずつ当たっていくよりも、転職エージェントに希望する条件を伝えて紹介をしてもらったほうが効率が良いでしょう。ほかにも、非公開求人になっていればそのサイトに登録をしていないと紹介してもらうことができないので、求人の存在自体を知ることもできないのです。

薬剤師の研究職求人サイト、人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>『薬剤師の研究職求人サイトランキング』詳細はこちら


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の研究職への転職ガイド All Rights Reserved.