薬剤師の研究職への転職ガイド

薬剤師研究職転職ガイド TOP >> 職場別の求人事情 >> 化学メーカーの研究職求人探しなら!

化学メーカーの研究職求人探しなら!

転職を希望している薬剤師のなかのは、化学メーカーで働きたいと考えている人もいるでしょう。一般的な薬剤師の就業先としてあげられるのは、ドラッグストアや薬局、病院などですが、それ以外にあるのが研究職の仕事です。化学メーカーでは製品の開発や研究の現場において、化学的な知識を持っている薬剤師を求めているのです。新しい製品の開発以外にも、品質の管理や、問題が発生したときの解決策を見つけるなど、業務内容はいろいろと考えられます。

たとえば、プラスチックや化学繊維を扱っているメーカーもありますし、洗剤やシャンプーなどを作っているメーカーも考えられます。薬剤師が活躍できる現場としても、このようなメーカーの商品開発や研究の仕事が考えられるというわけです。シャンプーやコンディショナーの開発ならば、皮膚や毛髪、界面科学、無機化学などの知識や技術によって新しい商品を開発していくことになるのだというわけです。そもそもシャンプーやリンスのようなトイレタリー製品自体が化学によって生まれたものなのです。

化学メーカーでの研究開発職というのは、消費者からの問い合わせなどにも対応して分析を行っていくことになります。指摘されたことの解決策を考えだしたり、商品を改良したりしていきます。原料についての基礎研究も重要な仕事の1つです。そこでも、薬剤師として身につけてきた知識やスキルが役に立つのだというわけです。ただし、研究職についたあとにも新しい知識や技術を吸収していくことが求められることは頭に入れておかなければいけません。

新しい技術や素材というのは次々に開発されていくことになります。そのなかで、古いものを扱っているばかりでは優れた製品を開発することができないのです。研究職に求められる素養として、新しいものに対するアンテナを常に張っていることもあげられるでしょう。他メーカーとの開発競争もありますし、市場は常に新しい商品を求めているからです。そのほかにも、化学メーカーが製薬会社と提携して新薬の開発研究をしているケースもあるでしょう。

このように、化学メーカーの研究職の仕事というのは多岐にわたります。新薬開発にたずさわりたいという人も、製薬会社だけでなく化学メーカーもその候補として考えられるケースもあるのです。詳しい業務内容などを知りたいという人は、転職エージェントを活用しましょう。求人数自体が少ないので情報量の多いサイトを活用したり、化学メーカーに強いエージェントを探したりするのがいいでしょう。無料で利用できますし、相談をしたりアドバイスをもらったりすることができるのです。

薬剤師の研究職求人サイト、人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>『薬剤師の研究職求人サイトランキング』詳細はこちら


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師の研究職への転職ガイド All Rights Reserved.